« 野田内閣をどう見るか(1) | トップページ | TPPとどう向き合うか? »

2011/09/05

野田内閣をどう見るか(2)

さて組閣人事ですが、これも党内融和を優先し、党内各グループからそれぞれ起用し、バランスが取れています。また、要所要所に実務に長けた方を配置しているなど、安定感のある内閣と思います。

ただどちらかと言えば「地味」な布陣にも見えます。

新大臣の中によく知っている方が何人もおりますので余り深くは立ち入りませんが、まず鹿野さは農政のベテランです。TPPをどう裁くか手腕に期待をかけています。政局感にも優れており、やはり安定しています。

細野さんは党内きっての若手ホープでしょう。人格的にも優れており、バランス感覚と言い、申し分のない政策通です。環境大臣と原発事故担当大臣の兼務ですが、きっとやり切るでしょう。

玄葉さんは若い時から裏も表もない正直な方で、真正面から政策に取り組む有能な方です。日米関係の修復、沖縄基地問題、対中国関係など山積しています。外交手腕に少し心配する向きもありますが大丈夫だと思います。

財務大臣に就任した安住さんは、NHKの記者出身で知識豊富で多彩な方ですが、このポストは誰がなっても大変なところですし、ちょっと重荷かもしれません。税と社会保障、復興債の原資をどうするか、増税路線をどうするのか否か、難しい判断をしなければなりません。

山岡さんですが、国会議員としての経験も豊富。国対委員長もおやりになり、ベテラン中のベテランです。

鉢呂さんは元々農政通と承知しております。国対委員長の経験もおありですし、経産相としての力量に期待したいところです。円高による国内経済の空洞化、地方経済、雇用問題など取り組むべきことが山積しています。

前田さんは参院の長老格。一川さんも参院のベテラン。それぞれの職責を十分に果たせる先生方と思われます。

蓮舫さんは人気先行型の方ですが、内閣のいわば華であります。行革に今回、どこまで切り込めるかです。

官房長官就任の藤村さんも、野田さん同様ベテランですが、少し地味な面がおありです。内閣の要ですので、各省との調整などかなりの重責を担うことになるでしょう。要は野田首相との信頼の下で、存分に力を発揮していただきたいものです。

川端さんですが、文科大臣や幹事長など要職を経験したベテランです。

いずれにしろ、この内閣は震災の復旧復興、円高対策と日本経済、社会保障と税、外交、安保などの課題をたくさん抱えております。また、衆・参ねじれ国会の中でどうやって国会を乗り切っていくのか、国民も期待をしていると思います。

|

« 野田内閣をどう見るか(1) | トップページ | TPPとどう向き合うか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/41518892

この記事へのトラックバック一覧です: 野田内閣をどう見るか(2):

« 野田内閣をどう見るか(1) | トップページ | TPPとどう向き合うか? »