« 危うい「日本丸」 | トップページ | 中々むずかしい同意人事 »

2011/11/28

初めて政経パーティーを開く

11月22日夜、国会議員となって始めて、東京で私の政経パーティーを開きました。

国会議事堂に隣接する憲政記念館を会場としてお借りしましたが、当日は、私の友人、知人も含め、各界各層から多数の皆さんがおいでになり会場を盛り上げていただきました。

国会関係では、小沢一郎さん、鳩山由紀夫さん、山岡賢治さん、平野博文さんを始め、55名の国会議員の先生方もおいでになりました。小沢、鳩山、山岡先生のごあいさつのあと、私の御礼の挨拶、松原仁国土交通副大臣の乾杯の音頭で会場は歓談に入りました。

小沢さん鳩山さんのご挨拶にマスコミの取材人の関心はかなり高かったと思いますが、内容は特に目新しいものではなく、むしろ、民主党に対し、国民の皆さんの気持ちが離れつつあり、非常に厳しい状態にある事を指摘されました。

今はじっと我慢し、「国民の生活が第一」の原点に立ち返って頑張らなければならないと強調されました。

私のあいさつは、ごく簡単なものでしたが、要点だけ申しますと、2年前政権を取り、鳩山内閣が、100年以上続いた事務次官会議を廃止し、更に、政治主導の旗をかかげ、「政治主導確立法案」「国会法関連の改正法案」「国家公務員法改正案」等々、矢継ぎ早に注目すべき法案を出しましたがいずれも頓挫してしまった事。

もしこれらの法案が通っていればこの国家の骨格を変えるだけの大きなインパクトがあったので、誠に残念であったと。

しかし、この国家の改革は、2年や3年で達成されるものではなく、明治維新と同様相当の年数がかかるだろうと。

今は、我が党は厳しい状況にあるが皆で力を合わせて頑張れば必ずや、この国家が再び光り輝く時が必ずやってくると確信している。そのために今後ともなお一層頑張ってまいりますと述べたのです。

余談ですがこのパーティーは、政治資金を確保する事を目的としたものです。ご理解をいただきご協力いただいた多くの皆様ににあらためて衷心より感謝申し上げます。

地方議員から国政に上がってまだ2年ちょっとの私ですが、政治への情熱だけは誰にも負けまいとこれからも頑張ってまいります。

|

« 危うい「日本丸」 | トップページ | 中々むずかしい同意人事 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/43172840

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて政経パーティーを開く:

« 危うい「日本丸」 | トップページ | 中々むずかしい同意人事 »