« 今国会をふり返って(1) | トップページ | どうにもならない国会(1) »

2011/12/16

今国会をふり返って(2)

今国会では国家公務員の給与を7.8%削減する臨時特例法案、労働者派遣法案、郵政改革法案など、大事な法案が成立しませんでした。

野党は復興関連の法案や補正予算には賛成に回りましたが、それ以外は全面対決の姿勢に転じたのです。これでは次の通常国会が大変です。

又、党内では後半でTPPや社会保障と税の一体改革等で激しい議論が展開されました。TPPは、野田首相が、国内外向けに言葉をうまく使い分け、事実上参加含みで協議に同意しました。

忘れてならないのは、TPPは、アメリカの積極的なアジア戦略なのです。

日本を取り込み、中国を牽制し、アメリカ主導でアジアの経済を抑えていこうというのです。

日本は戦後一貫してアメリカに依存して国家の繁栄を築いてきました。

今後も緊密な関係を保つべきだし当然のことです。ただ、隣国の巨大国家にのし上がりつつ有る、中国と対決する事だけは回避しなければなりません。

中国はASEAN(東南アジア連合)とそれに中・韓・日を加えたブロック経済をねらっております。

日本は、この点、うまく立ち回る必要があります。

正に国家戦略であり外交交渉をうまくやることです。

税と社会保障は最後までもつれました。

この国の財政にとって一番重くのしかかっているのが社会保障です。

年金、医療、介護等社会保障費が、今年度約108兆円です。それも1兆円ずつ増えています。皆、信じられないと言うかもしれません。

このうち社会保険料などの収入はたった60兆円だというのです。

あとは国と地方が負担するのです。

国は確か30兆円ぐらい負担していますので予算全体の3割にもなるのです。

財源論になりますが、法人税、所得税などの税もギリギリの所です。

となると、国民全体が公平に、広くうすく徴収できる消費税という事になってきます。

しかし、そう簡単ではないのです。このデフレ不況下での増税は歴史を振り返ってみても経済を必ず失速させると反論するのです。

だから景気浮上まで待てというのです。

もう一つ、政府のムダを徹底して洗い直し、行革も進め更には政府の「埋蔵金」をはき出せというのです。

政府には沢山の特別会計があって、資金は結構潤沢なのも事実です。

小泉内閣の時の蔵相であった「塩爺」こと塩川さんは、母屋でおかゆをすすって、離れでビフテキを食ってるようなもんだと言ったものです。

因みに平成十一年度の全特別会計の収支の剰余金は何と29兆8,000億円もあったのです。

反対論者は先ずこれをはき出せと言うのです。

税をめぐるこうした党内の論議を野田首相がどう治めるのか見ものです。

|

« 今国会をふり返って(1) | トップページ | どうにもならない国会(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/43401310

この記事へのトラックバック一覧です: 今国会をふり返って(2):

« 今国会をふり返って(1) | トップページ | どうにもならない国会(1) »