« 最近の自然エネルギーの動向 | トップページ | 地に堕ちた東京地検 »

2012/02/16

遅すぎた日銀の決断

円高で自動車や電機など日本の有力な製造業が次々と赤字転落し、工場の一部を海外に移転し始め産業の空洞化が進んでいるというのに、日銀は何を考えているんだろうと、ずっと苛立っていました。

国会でもこのまま放っておけばとんでもないことになるぞという声が日増しに強くなり、デフレ脱却の研究会を始めたところでした。また予算委員会でも日銀総裁が厳しく追及されました。

そんな声に押され今回、インフレ目標1パーセントと決断したのだと思います。そもそも、円高は、日本経済の実力ではなく、今のところ円が比較的安定しているという事で緊急避難的に世界中のマネーが円に集中しているのです。

同じ現象はスイスでも起きていますが、スイス政府は市場にフランをどんどん供給したのです。通常の約2.8倍流通しているそうですが、政府は事態が治まるまで無制限にフランを発行すると宣言しているのです。

日本でもおそらく、1パーセントではダメだと思います。専門筋では2パーセントくらいのインフレターゲットをはっきり示し、約30兆円の供給で円は91円~92円に落ち着くだろうとの見方をしている方もおります。

単純に言えば、要はお金の供給量を増やせば良いのだと思います。日銀は、常にインフレを恐れ慎重になりますが、円高・デフレが長期化し、国内産業がこれだけダメージを受け国民も苦しんでいるのですから、日銀の素早い決断が今後も必要かと思います。

|

« 最近の自然エネルギーの動向 | トップページ | 地に堕ちた東京地検 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/44141445

この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎた日銀の決断:

« 最近の自然エネルギーの動向 | トップページ | 地に堕ちた東京地検 »