« 地方の産業が衰退する | トップページ | 今増税は必要か(1) »

2012/03/19

理解し難い岡田副総理の行動

野田総理が自民党の谷垣総裁と極秘に会談、いろいろ詮索されいる最中に今度は岡田副総理が自民党幹部に連立を呼びかけ、断られたと報じられました。岡田副総理の動きは民主党幹事長もまったく承知していなかったようですし、党内の合意を得たものではありません。単独行動とはいえ、実におかしなことです。

野田総理も岡田副総理も、消費税法案を通すためなりふり構わぬ行動に出たのでしょう。しかし、党内での増税論議が最後の詰めの段階に差し掛かっている今、裏で自民党とこのような交渉をしていたというのは、党内の増税反対派や慎重派の感情を逆なでするばかりでなく、騙し討ちに等しいのではないでしょうか。

特に増税反対派の多い小沢系国会議員、その他の慎重派国会議員を敵に見立てて外へ追いやり、増税に賛成して党に残る議員と自民党とで連立を組み、消費税法案を通してしまおうという行為は決して許されることではありません。今、これだけデフレが続いて国内経済が低迷している時、急いで増税すれば必ずやさらなる景気の悪化を招くだけだ、と思えてならないのです。

|

« 地方の産業が衰退する | トップページ | 今増税は必要か(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/44554592

この記事へのトラックバック一覧です: 理解し難い岡田副総理の行動:

« 地方の産業が衰退する | トップページ | 今増税は必要か(1) »