« あきれた自民党の手法 | トップページ | 無罪判決とマスコミの対応 »

2012/04/27

小沢さん無罪の背景

小沢さんの無罪は当然だと私は思います。

 

私が小沢グループに属しているとか、小沢さんに特別な思いがあってではないのです。あくまでも法に照らして、この事件そのものがおかしいのです。

 

まず東京地裁が、石川元秘書を調べた田代検事の調書が、池田秘書の調書以外すべて虚偽であるとして却下した事です。

凡そ検察調書が裁判で証拠採用されなかったこと事態、異例な事です。

 

しかも、田代検事の調書を基に、検察の捜査報告書が作成され、この捜査報告書が、検察審査会の強制起訴の唯一決め手になったという事です。実に重大なことです。

 

地検の上司に言われて田代検事が報告書を書いたとされるが、この報告書そのものが、常に行われているものではなく、この辺も検察庁首脳による強制起訴へ持ち込むための意図がどうもうかがわれるのです。

 

次に、小沢さんの「虚偽記載の共謀」についてですが、共謀したかどうかは、石川元秘書の供述以外ないのです。

しかし、石川元秘書が否認している以上立証が不可能なのです。指定弁護士は状況証拠を積み重ね立証しようとしましたが結局認められなかったのです。

 

話を変えますが、今回の事件そのものが、金銭授受をめぐる汚職事件ではなく、あくまで政治資金規制法違反をめぐる裁判だったのです。

そもそもこの法律は元々政治団体の長である政治家本人を罰する法律ではないのです。

 

政治資金を法に基づきしっかりした形式で届けなさいと義務づけているのです。

 

もし、これに違反した時は、それに携わった事務責任者が問われることになっていて、政治家本人が対象になっていないのです。東京地検は、今回小沢さんに適用しようとしたのですが、法律の趣旨からしても無理だったと思うのです。

 

一連の陸山会の資金の流れについて、東京地検は、小沢さんを収賄罪に持ち込もうとしたが、見込みが立たず政治資金規制法の虚偽記載の共謀罪で追い込もうとしたのですがこれも立証ができず失敗に終わったと見るのが妥当でないでしょうか。

ひとことで言えば、東京地検特捜部のいわゆる大失態であると思います。

 

 

|

« あきれた自民党の手法 | トップページ | 無罪判決とマスコミの対応 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/45047225

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さん無罪の背景:

« あきれた自民党の手法 | トップページ | 無罪判決とマスコミの対応 »