« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/27

成長を続ける韓国

4月23日から26日まで、秋田県日韓親善協会経済視察団の団長として韓国を訪問しました。限られた日程の中で、韓日親善協会の会長・金守漢前国会議長、武藤正敏駐韓大使、大使館の経済部長・宇山智哉公使、韓国貿易協会・張豪根本部長らとお会いし、韓国の最近の経済状況を直接お聞きして意見を交換することができました。また、完成しつつある韓国のグローバルビジネス先進地・インチョン(仁川)経済自由区も視察いたしました。

ともあれ、韓国の成長ぶりは以下の数字に示されております。

・経済成長率は近年、4~5パーセントで推移。2008年後半からの世界的金融不安により、同年は2.2パーセント、2009年は0.2パーセントと急落したが、2010年は6.1パーセント、2011年は3.6パーセントとに。そして、2012年は3.7パーセントを見込んでいる。

・国民1人あたりのGNPは2007年に2万ドルの大台に乗った。2008年・2009年は落ち込んだが、2010年・2011年は再び2万ドル台に回復している。

・貿易については、2011年の輸出額が5537億ドル。前年比18.7パーセントの増で過去最高。輸入は5211億ドルで、前年比22.7パーセントの伸び。貿易総額で初めて1兆ドルを超えた。輸出相手国は中国がトップ。これに次ぐのが米国、香港、シンガポール、香港などだが、ASEANなど主要新興国も拡大傾向にある。

・FTAについてはEUと昨年、米国も今年3月に発効(発効済みは計8ヵ国)。

皆さんは以上をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょうか。私自身は、国内の政治・経済にさまざまな問題を抱えた韓国が、かつ国際金融市場におけるリーマン・ショックや欧州の財政不安といった出来事の影響を受けながらも、経済を回復させて着実に成長していると感じました。最も韓国は現在世界で12位か13位の経済国なのです。アメリカやEUとのFTAも発効されたのに続き、韓国は中国との交渉も進めております。また、交渉中や検討中も含めると相手国は18ヵ国にも及ぶのです。

さらに、今回の訪韓で驚かされたのは、インチョン国際空港の巨大さでした。4000メートルの滑走路3本が整備され、もう1本が開設予定といいます。国際貨物運送で世界第2位となり、インチョンは北東アジアのハブ空港として急浮上しています。そして、この空港近くに新しい国際ビジネス・物流・先端産業・医療・バイオなどグローバルビジネスのための大掛かりな拠点都市が建設され完成が近いのです。周辺のソンド(松島)地区やチョンラ(青蘿)地区を合わせると、その面積はおよそ169.5平方キロメートル、人口は64万人という大計画です。

Korea201204_2

ちなみに、私たちは日本大使館の案内で首都・ソウルから高速道路で1時間ほどのところにあるヨンドン(永宗)地区を視察しました。ここには、 海上に架かる20キロメートル以上の長い橋を渡って入ります。この地区の中心にある71階建ての北東アジア貿易センターの最上階から地区全体を見渡しましたが、一帯にはすでに高層ビルが林立していました。このヨンドン地区だけで170億ドルが投資され、人口29万8000人の都市を建設中なのです。韓国政府はここをグローバルビジネスの拠点都市に位置付け、経済の飛躍をねらっています。

私は今回の訪韓で、日本人が思っている以上に「韓国は急速に経済国家として急成長している」との印象を強くした次第です。

| | トラックバック (0)

2012/05/21

方向を失いかけた政治

最近、この国を見ていてつくづく感じる事は、この国が全く方向を見失ってしまっているのではないかという事です。

 

特にこの国の政治です。私もその中にいるので、はなはだ恥ずかしいのですが、昨年あれだけの巨大地震にみまわれ、更に人類が経験した事がないような原発事故を起こしながら政治は充分の対応をせず、混乱を続けているだけなのです。

 

この国の危機を乗り切るためのまともな議論なら国民の理解も得られるかもしれませんが、ほんの些細な事でいわば「いちゃもん」をつけ、もめるだけもめさせ、手が付けられない状態になっているのですから国民の支持など中々得られないのです。私の友人に言わせれば「まるで幼稚園のケンカ」みたいなもので、もはや国民も呆れてしまっているのです。

 

各種世論調査(これもあてにならない面も多々有るのですが・・・)を見ると民主党も自民党も全くダメです。国民からこの2つの政党は完全に見放されてしまっているのです。

 

そして橋下大阪市長の維新の会は、全国的に圧倒的支持を得ているのです。

国民が橋下さんの政策をよく読み込んで支持しているというよりも、大胆に日本を改革するといういくつかの魅力的スローガンと、橋下さんの特異な「カリスマ性」が、国民を熱狂させているのだと思います。

 

最もここまでに至ったのは橋下さんの府知事時代の大胆な行政への切り込みが高く「評価」されての事ですが、日本のマスコミの徹底した報道が、橋下さんの巨大な「虚像」を創り上げた面もあるという事を忘れてはなりません。国民はこの創り上げられた「橋下像」に大きく反応するのです。

 

いずれにしろ、国政がこのまま続けば、次の衆・参の選挙はとんでもない結果になる事だけは間違いありません。

 

話が変わりますが、もう1つ日本の政治がこんな状態が続く中で世界の流れは、あっという間に変わりつつ有り、日本がその潮流から取り残されるのではないかとこの頃心配しているのです。

 

特にアジアの急速な動向です。

私は、昨年から今年にかけて、台湾、中国、韓国を訪問しました。

特に、経済的側面からこれらの国々を見てまいりましたが、このままではいずれ日本は追い越されるとの思いを強く持ったという事です。

 

次回は、こちらの見聞録を紹介します。

 

| | トラックバック (0)

2012/05/01

無罪判決とマスコミの対応

数年間に渡って小沢さんをまるで罪人あつかいに仕立て、徹底して批判してきたマスコミは、東京地裁で無罪判決が出たにもかかわらず、今度は、「灰色」だとか、「政治とカネの説明責任」があるとかで相変わらず厳しい批判です。

 

 私は、こうしたマスコミの対応がむしろおかしいと思うのです。これまで罪人あつかいしてきたものを、手のひらをかえるような報道はすぐは出来にくいかもしれませんが、公正な裁判所が無罪判決を下しているのですから、勝ち取った側面からの報道がもっとあっていいのではないでしょうか。

 

私のブログで何度も書いているのですが、今度の裁判の争点は、金銭の授受云々ではなく、あくまで、政治資金規正法の虚偽記載の共謀罪で問われたのです。

しかし、疑わしい面もあるが立証が出来なかったという事なのだと思います。「疑わしきは被告人の利益に」という大原則もあります。

 

又、現在の刑事裁判の下では、あくまで証拠中心であって、推任の積み重ねによる有罪など余程の事でない限り成立しません。

その点からすると、「灰色」をタテにあたかも〝判決″そのものがおかしいと言わんばかりの報道姿勢はいかがなものかと思います。

 

逆に今回の判決に至る、東京地検の田代検事の虚偽調書、それに基づく上司への「捜査報告書」そしてその報告書を判断材料として検察審査会が強制起訴を決定したという事の方がより重要だと思います。

 

一連の証拠改竄やねつ造を行った検察のあり方や全くベールに包まれている「検察審査会」のあり方等を深く掘り起こす事もマスメディアの重要な役割でないでしょうか。

| | トラックバック (1)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »