« 小沢さん無罪の背景 | トップページ | 方向を失いかけた政治 »

2012/05/01

無罪判決とマスコミの対応

数年間に渡って小沢さんをまるで罪人あつかいに仕立て、徹底して批判してきたマスコミは、東京地裁で無罪判決が出たにもかかわらず、今度は、「灰色」だとか、「政治とカネの説明責任」があるとかで相変わらず厳しい批判です。

 

 私は、こうしたマスコミの対応がむしろおかしいと思うのです。これまで罪人あつかいしてきたものを、手のひらをかえるような報道はすぐは出来にくいかもしれませんが、公正な裁判所が無罪判決を下しているのですから、勝ち取った側面からの報道がもっとあっていいのではないでしょうか。

 

私のブログで何度も書いているのですが、今度の裁判の争点は、金銭の授受云々ではなく、あくまで、政治資金規正法の虚偽記載の共謀罪で問われたのです。

しかし、疑わしい面もあるが立証が出来なかったという事なのだと思います。「疑わしきは被告人の利益に」という大原則もあります。

 

又、現在の刑事裁判の下では、あくまで証拠中心であって、推任の積み重ねによる有罪など余程の事でない限り成立しません。

その点からすると、「灰色」をタテにあたかも〝判決″そのものがおかしいと言わんばかりの報道姿勢はいかがなものかと思います。

 

逆に今回の判決に至る、東京地検の田代検事の虚偽調書、それに基づく上司への「捜査報告書」そしてその報告書を判断材料として検察審査会が強制起訴を決定したという事の方がより重要だと思います。

 

一連の証拠改竄やねつ造を行った検察のあり方や全くベールに包まれている「検察審査会」のあり方等を深く掘り起こす事もマスメディアの重要な役割でないでしょうか。

|

« 小沢さん無罪の背景 | トップページ | 方向を失いかけた政治 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/45093678

この記事へのトラックバック一覧です: 無罪判決とマスコミの対応:

» 「疑わしきは罰せず」疑わしいのは誰か? [Loyal Opposition]
小沢一郎が無罪判決を受けたことで、一連の小沢バッシングは、ついにオカルトの域に達したようだ。 最新のアイデアは、 小沢が無罪になったのは、刑法の「疑わしきは罰せず」という大原則が適用されたからだ。 それは小沢が無罪でもやっぱり「疑わしい」ことを意味する。 つまり、裁判によって潔白が証明されたわけではない。 むしろ黒に近いグレーである。 という、 超論理 である。 ここで分かるのは、メディアや、そして法律家ですら、 「疑わしきは罰せず」の意味を正しく理解していない! という事実である。 では「疑わしき... [続きを読む]

受信: 2012/05/01 19:02

« 小沢さん無罪の背景 | トップページ | 方向を失いかけた政治 »