« 今、なぜ強行突破か | トップページ | 増税と政局の危うさ »

2012/06/25

地に落ちた議会政治

増税をめぐってとうとう党内は「集団離党」という最悪な事態を迎えようとしています。

先週は、18日から20日まで3日間全議員の会議が開かれましたが、延々と法案に対する質問が続く中、結局は時間切れ、ヤジと怒号の中で打ち切り宣言で終わっています。

 

「めちゃくちゃ」と言うか、「泥仕合」と言うか。もうどうにもなりません。

先週からの小沢系による「集団離党」の動きに対し、「小沢一派出ていけ」「あいつらを追っ払え。その方がすっきりするんだ。」とか、怪文書が出回ったり、とんでもないデマが飛んだり。「どうせ官邸のやつらの謀略だろう」「金とポストで反対派を押えようとしているんだ」とか。

 

こうした動きに、自民党は、小沢切り分断作戦が成功しそうだとニンマリ。

しかし、会期が輿石幹事長に押し切られ98日まで伸びた事で、大島副総裁が、国会対策の幹部に「バカヤロー」と怒鳴り散らしたとか。

 

こんな事をやっていたのでは、民主も自民もありません。これでは国民があきれ返っているどころではなく議会制民主主義の危機です。

また、陰湿で謀略的なやり方は絶対に許されないし日本の民主主義の破壊につながりかねません。

 

先週末のどこかの世論調査で民主党の支持率はとうとう9%に急落。

この状態で選挙をやったら恐らくこの党は「カイメツ」です。

 

だが、全マスコミ応援の中、党が分裂騒動という犠牲をはらってでも野田首相の決断は固いのです。今日、26日午後緊急代議士会。明日午後、増税法案衆議院可決となるでしょう。

 

ただ、マスコミは増税法案が通ってから野田首相を歴史に名を残した、とほめたたえるのか、やがて増税反対に手のヒラを返したように加担していくのがよくわかりません。

 

ところで、私もそうですが、それぞれの国会議員の話を聞くと、地元選挙区の反応は圧倒的に増税反対が多いというのです。

マスコミの世論調査結果とは相当のギャップです。

 

最も世論調査は、昼に固定電話を対象にした調査です。昼間、自宅にいる方々は主婦や、じいさん・ばあさんも多いのです。そして案外テレビに釘付けです。

 

調査の対象が客観的と言っても偏っているのです。

インターネット関連の調査は全く逆の結果が常に出ているのです。

ちなみに、小沢さんに関するマスコミの調査では、いつも支持率は極端に低いのですが、インターネットでは圧倒的に小沢さん支持が多いのです。これをどう見るかです。

 

マスコミに左右されず、時代をどう見るか、少なくとも今回は政治家一人一人が自己の信念に基づき行動する時だと思えてなりません。

|

« 今、なぜ強行突破か | トップページ | 増税と政局の危うさ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/45854093

この記事へのトラックバック一覧です: 地に落ちた議会政治:

« 今、なぜ強行突破か | トップページ | 増税と政局の危うさ »