« 新党結成の時 | トップページ | 再エネで集中質疑 »

2012/07/23

抜け道の増税法案

消費税が今の5%から10%になれば、今より13.5兆円増える事になっていますが、この収入は社会保障のために使われると大半の国民は信じていると思います。

ところが、そうでもないのです。先週の参議院での議論を見ている方は気付いたかもしれませんが、増税法案の抜け道がちゃんと用意されているのです。

増税法案の付則18条の2項というのがあります。

これは、3党合意の時、自民、公明からの強い要求に応じて付け加えられたのです。一部紹介します。

 

「―成長戦略並びに事前防災及び減災等に質する分野に資金を重点的に配分する事など、我が国経済の成長等に向けた施策を検討する」云々と。

これは増税分を社会保障分野だけでなく、このような分野にも使ってよいのだという事を明記してあるからです。

 

皆さんは、「えっ!そんなバカな。税と社会保障の一体改革のはずだ」とお思いになるでしょう。

ところが、自公は、したたかなのです。

折しも、自民党は次の衆議院選の公約に、10年間で公共事業200兆円を投資する国土強靭化基本法案を準備しているのです。

公明党も100兆円の公共事業を進める法案を用意しているのです。

 

だから、ちゃんとこれらへの使途のための付則182項を追加させたのです。

恐らく、これは財務省の知恵だと思います。

 

しかし皆さん考えてください。

次の選挙で自民がもし政権をとったら、またまた逆戻りです。

1000兆円にも達しようとする国の借金の大半は、自民党の公共事業至上主義にあったのです。だから鳩山さんはムダな公共事業をストップさせるため、コンクリートから人へと「スローガン」を掲げたのです。

野田首相はどうしてここまで譲歩したのでしょう。

なりふり構わぬ首相の姿勢に皆さんはどう思うでしょうか。

|

« 新党結成の時 | トップページ | 再エネで集中質疑 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/46429846

この記事へのトラックバック一覧です: 抜け道の増税法案:

« 新党結成の時 | トップページ | 再エネで集中質疑 »