« 衆院解散の時期を読む | トップページ | 田中真紀子大臣を追及 »

2012/10/09

代表選・総裁選を終えて

 多忙でしばらくブログを休ませていただきました。

 この間、民主党の代表選、自民党の総裁選と様々な事が有りましたが、私なりの見方を述べたいと思います。

 

 まず民主党の代表選は、しまらないというか、全く盛り上がりに欠け、大方の国民もあまり関心がなかったと思います。党内の対立軸である小沢さんグループが大量離党し、まともな形で勝負できない何人かがバラバラで勝負するのですから始めっから結果はわかりきった事です。

 

 いわば野田さんの「信任」選挙だったのです。だからマス・コミは始めっから面白くもない、いきづまるような戦いでもない民主党代表選は全く相手にしなかったし、自民党総裁選の裏番組のようなことになったのです。

 

 それに対し自民党の総裁選は、見事な演出でした。石原、安倍、石破、町村、林と全国主要都市でそろい踏みしてアピールしたし、連日メディアは、相当の時間をさいて放映しました。スタジオでも、まるで政権党の主要大臣が重要政策を語っているかのような感じでした。

メディアは始めっから熾烈な戦いとなる総裁選に焦点を合わせたが、結果として国民に広く自民党をアピールした大演出の役割を果たすことになってしまったと思います。

 

 総裁選を終え、各種世論調査による政党支持率をみると、なんと自民党が30%をはるかに超える結果となったのです。それまで、民主も自民も低迷し、自民が少し民主を上回っていたものが、今やはるかに十数%も跳ね上がったのです。我々はこの結果をどう見るかです。極端な言い方をすれば、自民とメディアの合作による演出効果が、フワーッとした、揺れ動く国民の気持ちを変えたのです。

 

しかし、よくよく冷静に考えて見ることが大事です。

果たして自民党は大きく変わったのでしょうか?実は何も以前の自民党と変わっていないのです。単純に民主党の体たらくと批判に集中しただけです。

自民党は、これまで長期政権でしたが、年金制度、国家の財政、外交、農業、少子高齢化、経済対策、教育等々何もかも抜本的改革をせず先送りしてきたのです。

 

その結果、この国家は低迷し、どうにもならなくなったのです。3年前国民の不満は爆発し、自民は歴史的敗北し、民主党は勝利したのです。しかし、民主党政権は、国家の改革に失敗したのです。

 

なぜか?理由はいっぱいあります。

経験不足と国家の指導者としての能力の無さ(強い指導力、思想性と歴史観、時代を客観的にみる力、弾力的な調整能力等々)、党のすさまじい内紛劇、それとこれまで権力を持っていた側(官僚も含む)からの様々な、横槍、プレッシャー、謀略等、数え切れません。

 

その最たるものは、総理目前にしての東京地検による小沢一郎氏追い落としのための謀略めいた強制捜査でなかったのではないでしょうか。東京地検の田代検事の調書ねつ造、上司である吉田副部長らによる、ねつ造された「捜査報告書」を検察審査会持ち込み強制起訴に持って行った謀略。これを見かねた検事や裁判官経験のある小川法務大臣が検察への指揮権発動を決意までした事。

 

いずれ、後々歴史に残る事件として明らかになるでしょうが、すさまじい国家の権力闘争を私は見てきました。国民の大方の意思をとは関係の無い所で、権力奪い合いの暗闘。

私は今、3年前の姿形も無くなった民主党を離党し、人気の上がらない「生活」

に所属していますが、今後、政界再編を進め、この国家の改革をしなければならないと強く思っている所です。

|

« 衆院解散の時期を読む | トップページ | 田中真紀子大臣を追及 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/47371657

この記事へのトラックバック一覧です: 代表選・総裁選を終えて:

« 衆院解散の時期を読む | トップページ | 田中真紀子大臣を追及 »