« 小沢さんの判決をどう見るか | トップページ | 抜き打ち解散を振り返る »

2012/11/15

抜き打ち解散劇

昨日はびっくりしました。

私も党首討論の場におりました。まさかあの場で16日解散を言うなどありえないと思っていました。恐らく憲政史上初めてでしょう。

 

野田首相は、民主党内に追い詰められておりました。一昨日、午後の常任幹事会の全員で解散反対を決めたのです。

おそらく、引きずり降ろされると思ったのでしょう。その前に逆手を取って解散を打ったと思います。

今一つは、第三極が結集しないうちにやっちゃおうと決意したのだと思います。

 

しかし、他党のことですが、一部側近以外党内のどなたにも相談せずどなたの同意も得られず強引に解散権を行使するなど日本の政党史上初めてでないでしょうか。

 

同志がどうなろうと、日本がどうなろうとお構いなし、自分だけが生き残ろうと強引に打って出るあたり、何かがくるっているとしか言いようがありません。

 

昨日の場面を見ていると、安倍総裁は約束をしたのだから守れの一点張り。国家を揺るがす重要政策の大論争も全くなし。

首相といえば、定数是正を確約するなら絶対16日に解散すると。ただこの一点だけなのです。

 

これが国家の最高責任者たちの論争と思うと情けなくもなりました。

冷静に見つめると、この国家はガタガタ状態です。野田首相の、ものを決めていく力、力量、指導力の無さがこの国家をずるずるとダメにしているのです。

 

安倍さんもいいスーツを着、スマートで美男子です。昨日は特にかっこよかったです。

だが、言葉に力が入っていません。弱々しさを感じました。

一度、権力を放り投げた方、この人が再び次の首相になるのだと思ったとたん、一瞬不安感に襲われました。

 

自分が国会議員であるという立場を忘れ昨日の事を思いのまま書かせていただきました。

|

« 小沢さんの判決をどう見るか | トップページ | 抜き打ち解散を振り返る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/47850665

この記事へのトラックバック一覧です: 抜き打ち解散劇:

« 小沢さんの判決をどう見るか | トップページ | 抜き打ち解散を振り返る »