« 夢かまぼろしか(2) | トップページ | 法案成立の裏舞台 »

2013/02/24

アベノミスクをどう見るか

先日、「高松さん、アベノミクスは新しい経済理論なの?」と若者から尋ねられました。もちろん、「アベノミクス」というのは造語であり、新しい理論ではありません。不況のときに政府が財政出動(公共投資)を行い、大幅な金融緩和を図って景気を回復させるのはごく当たり前のことです。

政府の公共投資による景気回復策は元々ケインズと言う英国の学者の考え方であり、お金の供給量で景気の調整を行うというのはフリードマンと言う米国の学者の考え方です。日本を含めて、各国がこれまで何度も行ってきた政策なのです。

安倍首相が今回日銀と対決する姿勢を見せてまで、大幅な金融緩和や公共投資を思い切って実行に移したことは、民主政権下で煮え切らない金融政策を行い、公共投資の抑制によって日本経済全体がまったく勢いを失いかけていたので正しい選抜だったと思います。

この政策転換によって株価も短期間に30パーセント以上アップし、久しぶりに市場も活気を呈し、経済全体に明るい兆しが見えて来ました。

円も80円前後から94円台まで上がり、100円台も見えてきました。この影響で自動車など輸出関連企業は好調です。しかし逆に輸入関連は大変なことになっています。また、今後国内のその他の産業や地方の中小零細企業にまで、どうやって景気を波及させていくかです。アベノミスクスの柱である成長戦略をどうやって具体化するかです。

もうひとつ、雇用にも目を向けなくてはなりません。日本には今、年収200万円以下で身分も不安定な非正規雇用労働者が1800万人もおりますし、生活保護受給者も200万人を超えています。これも解決を図らなければならない問題です。

又、自民党は200兆円の公共投資を公約としています。今度の補正予算13,1兆円のうち、4兆7000億円余が公共投資に当てられます。かつて、自民党政権下で過剰な公共投資を長期にわたって続けたことが、破綻寸前と言われる現在の国の財政状況を招いた大きな要因になっていることを忘れてはなりません。

アベノミクスはマスコミも連日持ち上げて報道し、国民もそれに浮かれているうちは良いのですが、この先こうした課題に十分答えられるかどうかではないでしょうか。

|

« 夢かまぼろしか(2) | トップページ | 法案成立の裏舞台 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21420/49627379

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミスクをどう見るか:

« 夢かまぼろしか(2) | トップページ | 法案成立の裏舞台 »